カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸

2017/03/23 19:59 ジャンル: Category:日々の暮らしで想うこと
TB(0) | CM(0) Edit

ノラボウナが順調に伸びて毎日おいしく食べてます。
お浸しの類は新鮮さが命です。
採ってきてすぐ高野豆腐と煮ました。
菜花の煮物2017.3.23
畑に感謝です。

雨の後、急にアンズが咲き出しました。
アンズ2017.3.23

ホロホロあんを作って、
きんつばを作りました。
きんつば2017.3.23
それを持って、母のところに線香をあげに行きました。
母は甘い物好きです。

高速で行き、帰りは下道で帰りました。
帰ってから、着物解きを始めたら、止められなくなって、
解き物2017・323

夕飯は冷凍庫の断捨離のコロッケになりました。
コロッケ2017・3・23

そう言えば、今日は夫の誕生日でした。
小豆ご飯は失敗して、甘くないアンコ?入りご飯のようになってしまいました。
小豆ご飯2017・3・23
何も知らない夫はこういうものかと食べてました。
ちなみにプレゼントは
歯ブラシ2017・3・23
歯ブラシでした。
浅草、かなや刷子(ブラシ)のものです。
いいようなら、自分のも買おうかと思います。

息子の旅立ち

2017/03/13 19:52 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

息子が一人暮らしを始めることになり、
私の運転で相模原まで往復しました。
今までは友達のところに居候で、
時々うちに帰るという日々でした。

行きは圏央道で相模原ICまで行き、
そこから市街に入りました。

息子の借りた部屋は今時のはやりのロフト付き。
ル・ロジェ2017・3・13

エアコンとユニットバスの安ホテルのようでした。
私はこの部屋では暮らせそうにありません。
でも、息子が一人でやってみようと思ったのはそれなりの成長です。
動物は必ず親離れしていきます。
よく分かっていますが、
更に帰宅が少なくなるのは、つまらないなぁと思ってしまいます。
ネコか、犬でも飼いましょうか?
いやいや、料理教室だけで手一杯です。

塩、味噌、しょう油、と油を運びましたが、
一体どこに炊飯器を置くのかしら、
ご飯を炊かない仕様?
でも、息子はパンよりご飯派です。
米も運びました。

息子は一応料理は大雑把ですができます。
暮らしのことは心配はありません。
掃除も、洗濯もそれなりにできます。

寝に帰るだけでも、自分の場所を作ったので、
不得意なことも避けずにやるようになればいいのですが。
そういう私も不得意なことから逃げたい方で、
1日中好きな本を読んでいたいのは、子供時代から同じです。
なかなか、息子に説教できません。

私に似て、意気地なしの息子は、これからは辛くても一人で泣くしかありません。
困難に自力で立ち向かうしかありません。
失敗の経験も自分だけで受け止めなくてはなりません。

そして、私は、そういう息子を遠くから見ているだけを練習です。
私にとってそれが必要な経験で、
息子がさせてくれたのです。


風の日が続く

2017/02/25 10:47 ジャンル: Category:畑と家
TB(0) | CM(0) Edit

気温は低いけれど、明るい日差しがガラス越しにいっぱい入って、
日中はストーブはお休みです。

ウメ2017・2・25
梅が満開になりました。
山茱萸2017・2・25
地味ですが山茱萸の黄色い花は私の好きな花です。
オオイヌノフグリ2017・2・25
畑の殆どにイヌフグリが咲いています。

能理子さんに修理していただいた足型が私だけの靴を履いて、
能理子さんの靴2017・2・25
日月堂にパンを買いに行きました。
日月堂のパンは薪で焼いているのでおいしくて、
自分でパンを焼きたいとは思わないのです。

ついでに、お隣の新井竹工芸資料館を見せてもらいました。
新井竹工芸資料館2017・2・25
山のたけちゃんが兄さんや姉さんと落ち葉かきした時に使った駕篭です。
ここにいっぱい落ち葉を入れて、
上でトントン弾んで押し込んでいるうち、転がってしまった情景が目に浮かびました。
資料館に
「今、学んでおかないと消えてしまう」という言葉がありました。
そういう技のなんと多いことか、
人類が進歩でなく退歩していると感じるのはこういう場面に遭った時です。

帰ったら、お腹がぺこぺこなので、
大根を1本抜いて、
大根2017・2・25
ヒエ粉のクリームパスタを作って食べました。
ヒエ粉のクリームパスタ2017・2・25
夫が欲しそうだったので、少しあげて、
自分がお腹いっぱい食べました。
それで、夕飯の粒ソバ餃子が半分しか食べられませんでした。

浅草は久しぶり

2017/02/17 10:49 ジャンル: Category:針仕事
TB(0) | CM(0) Edit

昨日、浅草のアミューズミュージアムに行きました。
神戸の友達からお知らせをもらって、
GOEN enen ENGIMONOという展示販売会に行ったのです。
ご縁2017・2・16

面白い企画で、この服は、服作りに使って捨てられる型を再利用したものだそうです。
服リサイクル2017・2・16

それから2階、3階のBORO展を見ました。
ぼろ展2017・2・16
これは布団でもあり、お産の時に使う物でもあったボドです。

この展示を見ていて、
僅か70年で消えていったもののなんと多いことか、が伝わりました。
70年前まではお産は座産だったこと、
誰が知っているのでしょうか?

浮世絵を見ながら6階まで行き、
降りようとしたら、
ここの関係者とおぼしき女性に声をかけられて、
屋上に行きました。

浅草寺2017・2・16
浅草寺は五重塔の改修中でした。

スカイツリー2017・2・16
スカイツリーも見えます。
未だ登ったことはありません。

行きと違うルートで新越谷から北朝霞、川越、高麗川と帰りました。
春の空はぼーっとかすんで、富士山は見えませんでした。

寝間着を変えました。

2017/02/06 17:01 ジャンル: Category:本を読んで
TB(0) | CM(0) Edit

ゴムひも湘症候群2017・2・6
この本を読んで、
寝る時だけでもゴムひも無しをやってみようと、
寝間着を変えました。
パジャマをやめて、寝間着にしました。
寝間着2017・2・6
これが、思ったより快適で、温かい。
和服はこれを重ねるのだから、温かいはずです。

ついでながら、
下着無しです。
それが思った程スースーしないのです。
まだ一晩しか体験してませんが、
よく寝ました。

昔の日本人は結構裸で寝ていたらしいです。
特に、日本の子供が裸でいることが多かったのを、
明治に来日した外国人には、印象的だったようです。

裸の子供を肌身にくっつけて、
着物の内側におんぶしている母親の写真を、
民俗学者の宮本常一の本で見たことがあります。

今、当たり前と思っている感覚を検証してみると、
意外なことが出てくるかもしれません。
ともかく、この本を書いた医師は、
人間の体の一番柔らかい所(ウエストの辺り)をゴムで絞めると、
様々な疾病、不調の原因になると言ってます。
絞めるという程でないつもりでも、脱いだ時、感覚が変化するということは、
体を絞めてるそうです。

ところで、
昨日、ときがわで買って来た粉、ユキチカラで、台を焼いて
ユキチカラ2017・2・6

おやつにピザを作りました。
もちアワチーズピザ2017・2・6
トマトソースともちアワチーズの間にひじきマリネを入れて5分ほど焼きました。
チラチラしてるのは「野生のオレガノ」です。

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。