カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

冷蔵庫満員

2017/01/26 21:16 ジャンル: Category:教室のこと
TB(0) | CM(0) Edit

27日、28日とつぶつぶ料理体感会を予定しています。
お申し込みもいただいて、着々と準備しています。
それと、思いついた料理を作るので、
夫と二人で食べると余ってしまい、
しわ寄せは冷蔵庫です。

直接必要ないスイーツが場所をとってます。
パイに、
マフィンに、
アンコに、

おまけに明日用に冷やしているカスタードもあります。

それで、朝晩、冷蔵庫からはみ出したものがおかずです。
コロッケ2種2017・1・27
次のコロッケを入れるため出された2種のコロッケと、
余ったカブの一夜漬けです。

明日の準備をしながらも、
岩手の真知子さんが教えてくれた、
タカキビ粉100%のへッチョコ団子を試したくて作りました。
タカキビ100%2017・1・27
素朴なおいしさでした。

パンを食べる目的ではなく、
モチアワチーズとトマトソースのためにオープンサンドも作りました。
オープンサンド2017・1・27
これは腹持ちがよくて、ヒジキマリネも終了しました。

夕方は自分で切って干した大根がカラカラになったので、
お日様と北風に感謝しながら、ニンジンと高野豆腐と煮ました。
自家製切り干し2017・1・27
切り干し大根2017・1・27

冷蔵庫は空いたと思うと、新住人が現れるという感じです。
つぶつぶ料理は保ちがいいのですが、
それにしても、追いかけっこしてるようです。

先に心配しない。

2017/01/14 15:32 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

明日はクラスと気付いて用意してたら、
夫が明日は雪になるのでは、と心配しきり。
でも、私は困ってから考えようと決めました。
起こってないことをあれこれ考えないことに決めました。
息子のこともです。

寒いのでオーブンを使いました。
明日の試食用スフレを作り、
(冷やして食べる用に)冷蔵庫に入れました。
カボチャのスフレ2017・1・14

それでも、夫は心配を続けてました。

私はちょっとおいてしまったリンゴで、
マフィンを作ってみました。
これは実験でした。
バナナが生のを潰してマフィンに入れるなら、
柔らかくなったリンゴのクラッシュでもできないだろうか?
甘酒スムージーでリンゴもうまくできたので、
やってみました。
リンゴのマフィン2017・1・14
塩煮リンゴのバラを載っけて焼いてみました。
やはり、バナナほど甘くありません。
でも、やってみて気が済みました。

だから、その時はその時で生きるのがずれなくていいと思います。

それにしても気温の低いこと。
外に出たら、胸が痛い程でした。

今の寒さをしっかり感じて、春を待ちます。

男もすなる・・日記

2017/01/12 09:11 ジャンル: Category:本を読んで
TB(0) | CM(0) Edit

昨日は思い立って、美容院に行きました。
言ってしまえば、パーマをかけたのですが、
酸性パーマなので、ウエ〜ブというらしい。
初めての美容院に行くのは、ちょっと勇気が要ります。
こんな時、ネット検索は便利でした。
私が選んだのは、鶴ヶ島駅前の美容室ルネでした。

今、私は髪を染めるのを止めてます。
染めるのが楽しくなくなったから、
それと、今の自分の髪の事実が知りたかったから。
けれど、染めた部分と染めてない部分が混在して、見苦しい。
それで、それは今流行のメッシュということにして(ちょっとこじつけ)、
ヘアスタイルを変えてゆこうと思ったのです。

車で行こうか?とも思いましたが、
知らないところまでの時間が読めないので、
電車で行きました。
美容院が駅前ということもありました。
電車に乗るのが好きです。
本が読めるし、
目を上げれば、景色も見られます。
富士山がきれいに見えて、得した気分でした。

読んだのは、
浮世・・・2017・1・10
昔の人の書いたものを書き写したとあるけれど、
多分創作だと思います。
それでも、考証が行き届いているので、
文化、文政の江戸の町を覗いているような気がしました。
鮪は下魚。
鰹は女房を質に入れても。
月末、年末掛け取り。
オシャレについて丁寧な解説書「都風俗化粧(けわい)伝」があって、
火消しの格好良さは今のアイドルより上だったらしい。

この本の中の江戸っ子たちは、金持ちではないけれど、
金が無くなったら又働くという度胸の良さがあります。
そして、夫婦や色恋は永遠のテーマなのだと思いました。

著者は男性なので、
現代版「男もすなる・・・」だなと思いました。
ちょっと男に肩入れしてる?と思うところも現実感を生み出してました。

帰ったら、ご飯が少ししかなかったので、
お餅を焼いて、干し柿餡で食べました。
お供はうちの自慢の漬物たちでした。
漬物3種
特に、白菜漬けがいい味になってきて、
夫は食べ出したら止まらないと言ってます。
又漬けようと思いますが、
この秋にはしっかり白菜の作付けをしてほしいと思います。

初大師ってどんなことするの?と行ってみました。

2017/01/08 17:45 ジャンル: Category:奥武蔵自然公園
TB(0) | CM(0) Edit

昨日は叔母のところに行き、携帯電話を忘れて、
取りに戻るという失態をさらしましたが、
今朝はいつも通り起きて、
楊式太極拳をしました。
毎日、テーマがあって練習してますが、
最近足踏み状態です。

さて、もうすぐ馬金地区の婦人部の新年会なので、
出欠と集金に廻り、
その後、お案内いただいた、松福院の初大師に行ってみました。
カワセミ街道は狭くて車が来ると怖いのですが、
雨になりそうなので、あちこち落ち葉焚きをしていました。
火焚き2017・1・8

野球部のマラソン(?)の姿も見ました。
マラソン2017・1・8

車を避けながら、10分程で松福院です。
松福院2017・1・8
いつもはひっそり静かで、こんなイベントしてるとは知りませんでした。
薬師堂2017・1・8
これが薬師堂で、護摩焚きをするところです。
内部はこんな感じでした。
内部2017・1・8
護摩の煙を悪いところに付けると良いそうで、
私は胸、頭、目に煙をつけました。

庭で、大根と油揚げの煮物をいただいて、
絵馬をいただいて、
可愛いのでおみくじを買いました。
おみくじ2017・1・8
吉でしたが、旅は利なし、行かぬがよろし、だったのだけが残念でした。

おやつはあっという間にできる、ラ〜メンでした。
ラーメン2017・1・8
昼寝していてもできるとさっと起き上がるのが不思議な夫です。

予報通り雨になりました。

空っ風に吹かれて

2017/01/03 21:31 ジャンル: Category:
TB(0) | CM(0) Edit

朝、5時に起きて、ご飯を炊いて、
おにぎり(シソ飯)を二つと諸味漬けキュウリ3切れ、
ほうじ番茶をポットに入れて、7時に家を出ました。

八高線に乗って、高崎に向いました。
朝は素晴らしい光の海の中に生まれるところでした。
電車が空いてからおにぎりを食べました。
気がついたら、八高線の中には広告がありません、
電光掲示板も、
TV画面もありませんでした。
それが、さわやかな朝にぴったりなのでした。
八高線2017・1・3

高崎駅で、勢多農業高校生が、太鼓の演奏をしていました。
勢多農業2017・1・3
私にプレゼント?いいもんです。太鼓のリズムと響き。

群バスの榛名湖行きに乗って、
榛名神社で降りて、坂を登って行きました。
榛名神社2017・1・3
バス停から本殿までずっと上り坂です。

歩いて行くと2龍門を通り、人波に包まれて本殿前に行きました。
本殿には龍が2匹刻まれていました。
本殿の2龍2017・1・3
参拝して、脇に降りるとノコギリが奉納されてました。
本殿脇2017・1・3
鉄製灯籠とか金気のものが多く奉納されたそうです。

巨岩が多いと聞いていたので、どんなかな?と思ったのですが、
磐座という感じではなく、
奇岩という感じでした。
どんな力が働いたのか?今にも落ちそうな巨岩の間に神殿が建てられていました。
巨岩2017・1・3

水の流れも多く、雨乞いの泉もあり、
ミスズの滝もありました。
すごいパワーポイントと聞いてましたが、
天狗の修行場のような感じでした。
(私が鈍いのでしょうけど。)

川岸は凍ってました。
氷2017・1・3

お腹が空いてなかったのですが、
ついふらふらと地蕎麦粉の字に釣られてセイロを食べました。
門前ソバ2017・1・3

バス停まで降りたら、
次の榛名湖行きが来たので、飛び乗って、
榛名湖まで行きました。
顔2017・1・3

神社よりこの湖の方がなんか異様な気を感じました。
榛名富士の右に人の顔みたいな山(かな?)が気になりました。
それにしても、風が強く、寒いのなんのって!
降った雪が乾燥して凍ってました。

そこから高崎へ戻るつもりでしたが、
同じバスの乗客が伊香保に行くバスが10分後に来るというのを聞いて、
急きょ、別ルートに変更して、
伊香保バスターミナル行きに乗りました、
赤城を川向こうから見ることになり、
冬枯れの林を縫う道をくねくね降りる景色は素敵でした。

渋川駅2017・1・3
渋川の街も風が吹き抜けてました。

ここまではスイスイでしたが、
上り高崎行きは45分待ちでした。
3両編成の列車に乗って、
赤城が段々小さくなって行きました。

高崎では八高線に1時間待ちでした。
待ち時間にはこの本を読んでいましたから、
ちっとも苦にはなりませんでした。
もしも2017・1・3

帰ってから、疲れて何もしたくないけど、どうしても食べたくてこれだけ作りました。
漬け菜煮2017・1・3

あとは、みそ汁と漬物と、お節の残りで夕飯でした。

榛名の巨岩が気になって行ってしまいました。
好奇心が強くてせっかちのおっちょこちょいです。
次は金讃(かなさな)神社かな?
名前が気になってます。

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム