カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き、今日の実験

2016/02/26 11:39 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

白菜が水を出したので、
ようやくキムチにしました。
白菜キムチ2016・2・26

赤カブの即席漬けを作るのに、
6個のカブみんな違う切り方をしてみました。
どれが一番適しているかの試しです。
これは漬けたばかりなので、食べる時に写真を撮ります。

キクイモは赤堀さんが唐揚げを勧めていたので、
それなら、ポテトフライになるかな?と揚げてみました。
キクイモポテトフライ2016・2・26
もう少し揚げてもいいみたいです。
塩降って食べます。

今日の午後は自森に行く予定なので、
おやつにイチゴ大福を作りました。
イチゴが大きいので、上だけ入れたり、切り取った部分を重ねたり、
大きさもいろいろになりました。
でっかいイチゴ2016・2・26

そして、残った大福の皮は
ケコさんのブログを読んでやってみたくなって、
焼き餅2016・2・26
焼いてみました。
おまけに、しょう油をつけて海苔ではさんで食べてみました。
これを目的にしても良いかもしれません。
餅とは違うけれど、焼き餅としか呼べませんね。

雑穀おはぎ2016・2・26
蒸し器を使ったので、雑穀おはぎも蒸し直して、きな粉にしてみました。

昨日の福岡センセの本のこと又あれこれ浮かんできます。
30ページから33ページにかけて、
光合成のことが書かれていました。

少し抜粋します。


 二酸化炭素(CO2)は地球温暖化の原因として、現在、すっかり悪者扱いされています。
 しかし、地球にとって二酸化炭素はゴミでも毒物でもありません。
 環境の動的平衡を支える重要な物質、より正確には、循環の一形態であり、地球になくてはならないものです。

 灯油やガソリンを燃やすことによって私たちはエネルギーを得ます。
 これと全く同じしくみで、私たち生命体も食べ物を体内でゆっくり燃やすことによってエネルギーを得ます。

 灯油、ガソリン、食べ物。
 これらはミクロな目で見ると同じものです。
 炭素(C)が数珠玉のようにたくさんつながってできた物質です。
 炭素と炭素をつなげることは実はかなりたいへんなことです。
 なぜなら炭素は本来孤立を好む元素だからです。

 二つの炭素を人工的につなげるには工夫と大きなエネルギーが必要です。
 この方法はクロスカップリングと呼ばれ、
 開発に貢献した鈴木章さん、根岸栄一さん、リチャード・ヘックさんが2010年にノーベル賞に輝きました。
 つなげるためにエネルギーがいるということは、
 炭素がつながってできた物質にそのエネルギーがためられるということです。
 ですから炭素がたくさんつながってできている灯油、ガソリン、あるいは食べ物はエネルギー源となるわけです。

       (中略)

 産業革命以降、人類が石油、石炭を燃やしすぎたせいで大気中の二酸化炭素濃度は上昇し続けていますが、
 (私は大気中の二酸化炭素増加に畜産の影響がそれ以上にあると思いますが)
 それ以前はほぼ一定でした。
 なぜ二酸化炭素は増えなかったのでしょうか。
 それは自然界にクロスカップリングを行っている存在がいるからです。
 しかも失礼ながら、鈴木反応、根岸反応よりもずっとずっと効率よく、はるかに巧みに炭素をつないでくれのです。 
 それが植物の光合成です。

       (中略)
 
 植物の光合成がすごいのは二酸化炭素から酸素を引き離してから、炭素をいくつもつなげることができることです。

        (中略)

 植物の光合成は二酸化炭素と水と太陽のエネルギーだけあれば可能です。

あちこち省略したので、是非本を読んでみてください。
これを読んで、畜産から、自然栽培の農業に切り替われたら、
二酸化炭素の形で炭素を増やすことから、食べ物の形で炭素を増やすことになるだろうと思いました。

植物だけでなく、人体の臓器も機械でやるとすると膨大な装置が必要だそうです。
もう、仕組みはできているのです。
科学が後追いしているのですが、まだ追いつけてはいないのです。
私たちの身体はすごいことをしているのです。

今日は「動的平衡2」を読むつもりです。
読む時間あるかな?

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。