カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

必然で必要で最善

2015/06/20 21:12 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

息子が照明担当する演劇を観に行きました。
午前中、飯田橋で仕事をして、新宿から歩いて新宿村Liveに向いました。

ムサシパンフ2015・6・20


今回ほど観るまでドキドキしたことはありませんでした。
というのは、
これまでの照明の仕事は難易はあるとしても、
息子には慣れたプランとオペレーションと思い、話の筋の方が気になってました。
しかし、今回は初めての機械でのプランと操作でした。
このライトで照明をするため、あちこち先輩達に聞いていたようでしたが、
直前まで分かる人が見つかりませんでした。
いつもの手法で行くしかないかと思っていたギリギリ直前に
大学の先輩でこの手法を使っている方と連絡がとれ、
スカイプで教えを請い、
本番2日前に仕込みながら、確認しながらのようでした。
従来の方法も用意しておく為、自森の後輩にも借りたりしたようでした。
聞いている私はハラハラドキドキ。
できないなら断るしかない、と息子に言いました。
すると、息子は
「いや、やると言ったからにはなんとしてもやる」
たった2日の仕込みの間、
何の連絡も無く、家に戻らず、状況はどうなったか分からないままでした。
私は、息子のことを考えるのではなく、
自分がすることを考え、手を動かすことに心を向けるようにしました。
ようやく、連絡が取れたら、
「この2日間殆ど寝てない。
 今日は朝、昼、夜と食ってない
 時間が無い」
そういう息子はまったくの職人だと思いました。
そして、我が子ながら見事だと思いました。
仕事する息子は、家で部屋を散らかし放題でグダグダしてる息子と同じ人とは思えません。
私も、梅を漬けたり、料理の試作をいくつもできました。

本当は、大学も欠席し(単位危うし)報酬は自分が頼んだ仕込みメンバーへのお礼で消え、
未だやったことない手法を求められ、
そこまで義理を立てなくても・・・とチラリ考えないでもありませんでした。
こんなに苦労して、報われるのかな?とも思わないでもありませんでした。

でも、約束したことは果たす、という息子の考えには反対しませんでした。
なんだか、やけに息子がカッコよく見えて、
大学卒業できなかったとしても、それが何程のことか、
全く未知のことに怖じけず、
必死で取り組む息子がたとえ失敗してもいいと思えたのです。
遊んでいるのではなく、
睡眠も食事も無しで取り組んでいるのです。
人としてすごいなと思いました。
大学で進級できなかったとしても、仕方ないと思います。

そんな時、歯医者さんの待合室で、船井幸雄の本のカバー(だけ)を見ました。
何の本だか分かりませんが、
帯に、
「起こることは、必然、必要、最善」とありました。(と思います)
そうか、今大変と思っても、起きてきたことは必要があって起きたのか。
これが必然だったのか、
そしてその結果は(どんな形であっても)本人にとって最善なのかと思ったのです。
親の私は「木から落ちるまで待って動きなさい」というシュタイナーの言葉を再度噛み締めたのです。

それで、今日やっと舞台を観に行ったのですが、
新しい技を見ました。
完璧ではないけれど、また一つ技を学び、
幅を広げた息子を感じました。
勿論、劇中の殺陣や俳優の動きも見ましたが、
どうしてもライトの変化に目が行きがちでした。
多分周りの人は気にも留めていなかったでしょう。

ホッとしました。
なんとかやり切ったんだ。
一山越えたんだ。
そう思いました。

ところが、
終わって帰る前に顔見て帰りたいと思い、電話すると、
何やら言ってましたが、よく聞こえず。
仕方なく帰ろうとしたら、入り口に息子がやってきました。
仕事に入る前に体調を崩していたので、
今はどう?と聞くと、
ちょっと鬱陶しそうに、
「まぁまぁだ、金が無い」と素っ気ない返事でした。
元気ならいいかと思い、山梨に変えられるHさんと西新宿駅に向いました。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム