カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

梅雨空の向こう

2015/05/31 22:25 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

6月と言うのに、さっぱり雨が降らない。
予報では水曜日当たりには降るというけれど。

でも、ウグイスに代わって、ホトトギスが1日中鳴くようになった。
昨日、今日はカッコウも鳴いている。
時間は移っている。

柿の木の上に青空が広がっている。
青空2015・5・31
いつもなら、低い灰色の雲が見えるはずなのに、毎日蒼空が広がる。
あの梅雨空の上にはこんな輝く空が広がっていたのだ。
晴天をいい日とばかり言ってられない。
畑が旱りに喘いでいる。
どこの畑も収穫が落ちている。
おまけに、風が強く、更に乾く。

畑と庭を歩いていて、グミの実を3つ見つけて、
一つ食べた。
グミ2015・5・31

桑の実は甘くなってくると蟻が集っている。

入間市へ出店の手伝いに行った。
片道15Kmくらい。
私はバイパスの速さより、町中の少し曲がった道をゆく方が楽しい。

コロッケ夕飯2015・5・31
今日の夕飯は、出店で売れ残ったタカキビ味噌ジャがコロッケと、
シソ風味マリネ。
息子のすきな味だが、今日は大学の先輩達の演劇があり、バラシが遅れているらしい。
又、先輩のところに泊まるらしい。
息子は子の道8年目なので、
授業中でも作業が速いらしい。
同級生に「何歳ですか?」と聞かれたそうだ。
「19歳」と答えたそうだが、可笑しい。
又他の学生に、
「授業はみんなでやるものだから、そんなに(一人で)さっさとやらないで欲しい」と言われたそうだ。
私は
「友達ができなくとも、世界に通用する照明のプロになるなら、
 もっともっと速く仕事ができるようになる方が良い」
と答えた。
現場では、できる先輩を見て、それに近づく、それを越えると努力する息子に、
もっとゆっくりやらないと、仲間の和ができないと言う学生に合わせることはないと思うが、
どこかナイーブな息子は、かすかに気にしている。
それも分かる。
多分、私の中にも、非難されたくない気持ちがあるのだろう。
乗り越えることができたら、1歩前進。
魂の進化。
そういう考え方ができるようになったのは、
のろい歩みながら、つぶつぶを学んできたからだと思う。
息子の喘息が消え、
夫の便秘が解消しただけでなく、
私が自分を少しでも磨く、1歩でも進化する方向を向けたと思う。

まわりの学生は進路を探しに来ているが、
息子はこの仕事をしてゆくと決めて、技を磨く為に大学に行く気になったという、
立ち位置の違いが初めから有るのだから仕方ない。

明日はいよいよ狭山市の
雑穀で世界に光を!の講演会当日。

私も素に立ち返って、ゆみこさんの話を受け取ろう。

そして、5日はゆみこさんが始めた、つぶつぶのセミナーシーン1を家で開く。
迷われた方は、まず明日の講演会に足を運んで欲しい。
まだ、数名は入れると思います。

講演会開始までお待ちしています。
雑穀で世界に光を 講演会
↑をクリックしてください

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム