カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

うちでも野草の天ぷら

2015/05/04 20:41 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

昨日、リンゴさんご夫婦に甘えて、
長野県豊丘村の松村農園(りんご園)に連れて行っていただいた。
友達のまりちゃんも一緒で、遠足のようだった。

家からはお櫃いっぱいのご飯と梅干し2つ(でも5年ものでなかなかおいしい)持っただけ。
前日夜から、三鷹にお泊まりさせてもらい、
朝、5時前に出発。
「中央高速は3日は40kmの渋滞」という予報だったが、
事故による渋滞が少しあっただけで、順調に到着。
リンゴさんのご主人は運転上手。
私の軽のマニュアル車とは大違い。

前川インターを降りるともうリンゴ、リンゴの樹だ。
そこから30分くらいかな、
松村農園は、暖かさと強風でかなり花が散っていたけれど、
あ〜なんて気持ちいいこと。
つつじや、シャクナゲが咲いて、
ずーっと下までリンゴ畑。

まずは、リンゴの花を見て、
リンゴの花2015・5・4
この花の受粉担当のつちはな蜂の巣を見た。
つちはな蜂2015・5・4
除草剤を使わず、農薬を押さえたリンゴ園では、虫達が働く。
コゴミを取り
コゴミ2015・5・4
たらの芽、イタドリ、蕗、柿の若葉、よもぎなどをみんなで集めた。
ついでに、リンゴの摘果も教えてもらい、少しだけ摘んでみた。
リンゴは5つくらいの花が放射状に咲くが、真ん中の実だけ残す。
取ってきたものを天ぷらにして海の精でいただいた。
さすが、山菜の里の人、みどりさんの揚げ方は、なるほど!
それからみんなでランチタイム。

ご飯だけ持ち寄りのはずが、
沢山の御馳走になってしまった。
揚げたて天ぷらや
山菜天ぷら2015・5・4
郷土食のしみ大根、
しみ大根2015・5・4
その他、タケノコの味噌煮、ウドとワカメのアマランサス和え、などなど沢山用意したくださって、
申し訳ない。この摘果の繁忙期にお邪魔してるだけで、恐縮なのに。
ご飯も結構食べて、ちょっと横になり、元気回復の後、おやつまでいただいてしまった。

ゴミも騒音の無い世界。
蜂の仲間が働く世界。
夫婦で協力して、リンゴを作る多忙な日々。
夫婦で支え合って、イベントに向う姿。
いい日だなぁと思った。

1日家に一人でいた夫は、何をしていたのか?
洗濯物が夜も外に出してあったけど、忙しかったのかな?
車は苦手なので、留守番だった。

朝、もう野菜が少ないので、高野豆腐とトマト缶でカポナータにした。
カポナータ2015・5・4

おやつは甘酒のフレンチトースト。
甘酒フレンチ2015・5・4

畑の草刈りを続け、
ついでに、野草を取って、天ぷらにしてみた。
よもぎ、ユキノシタ、十薬(ドクダミ)。
夫曰く「草、切らない方がいいかな?」
大丈夫、幾らでも生えるから。
天ぷら2015・5・4
畑のキヌサヤがなり始めたので、
きぬさや2015・5・4
早速に、恒例のモチキビとじにした。
モチキビとじ2015・5・4

夫は息子に残しておかないと、と言うけれど、
今夜も息子は帰らない。
母は放っておくけれど、父が頻繁にメールしているようだ。
過干渉だと思うけれど。
息子も父親には気を使って「明日、帰る」そうだ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム