カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

入学式に行って

2015/04/03 19:51 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

息子の入学式に行った。
自分の大学入学には、親は来なくていい、と一人で参加。
うかつにも、キャンパス移転を知らず、
入学式の後、一体どこへ連れ去られるのか?とバスの中で思ったのだった。

しばらくして、東大の入学式に親が来ると聞いて驚いた。

今日は、入学式ってどんなことするのか見たかったので、
「俺、行くのどうしよう」と渋る息子と、現地集合した。
家のまわりの山に山桜が咲き出している。
山桜2015・4・3
こういう季節なんだ。

2000人の入学生のため、
東京フォーラムでの式だった。
有楽町で地下鉄を降りると、就活スタイルの黒服集団が歩いていた。

息子はもちろん、いつもの作業用黒スタイルのパーカーにジャンバー。
入学式2015・4・3

芸術文化学と称するなら、もう少し独創的オシャレな人がいるかと思ったが、
みんな、似たり寄ったりのスーツにネクタイ。
この中で堂々と(やや偉そうに)歩く息子にほっとする。
まぁ、お母さん達も私のような人はいなかった。
みんな、無難が歩いているみたいで、美人かどうか分からなかった。
私は、マキさんのパンツにインドブラウス。
そこに、リトル・イーグルのカーディガン。
コートは、布工房和の古布の柿渋染めで、
マコさんのお母さんに「やくざさんの背中の刺青みたいな模様」といわれる大柄。
でも、雨が降るかもという空模様にはピッタリ。

息子の行く大学はキリスト教の精神で建学されたので、
入学式がミサのようで、
賛美歌も歌われた。
合奏は「威風堂々」。
音楽専攻の学生も多いらしいが、
一人、心の中で「碧空」を歌いたくなってしまった。
音楽といっても、自森の音楽祭で聞いていたものとは全く別な世界がある。

息子も自森の入学式、卒業式で、生徒が主役の式典しか知らずにきたので、
退屈していたが、抜けるに抜けられず、1時間静かにしていた。
先輩には、退屈な話だけだから行かなくていいと言われたらしいが、
パトロンの父親が行きたくて、行くことになったのだった。

それにしても、自森の行事は、しっかり創られていたなぁと思った。
それを、生徒が創っているのだから、これが社会に出た時、大きな知恵になるに違いない。
3年生を見ながら、1年生が学んで、2年生になって、実行してと伝えられる工夫は、
教科書にはない知恵だと思う。
卒業して1年経って、大学で退行した感じがした。
みんな、お膳立てされた中を歩いているだけだった。
そして、主役は新入生ではなかった。

息子には、学びたいことをしっかり吸収すれば、卒業に至らなくてもいいと伝えた。
照明のセンスと技術を深めたいということさえ外さなければ、
いい成績で卒業をとは言わない。
万遍なく、いい成績を望んだら、息子がダメになる感じがする。
息子はサラリーマンいはなる気がないというし、
照明が嫌になったら、マコさんの息子さんの会社に研修に出しても良いなと。
相手に了解も得ないで勝手に色々道はあると決めている。
捨てる神あれば、拾う神ありだ。
でも、息子は照明をやってく、卒業もすると健気に言っている。

入学式で、自分には何が大事か、
しかし、今の世界では何を基準にしているのか?
そういう社会の中で、自分はどこに立つか、
それを見失わないようにしたいと思った。
人は就活スーツでもいい、
自分はこうしたい、がある息子にほっとした1日だった。
まぁ、そうは言っても、学業の苦労はさぞやだろうな。
そういう苦労は、自分で決めて受けるのだから、恨みがましくないはずだ。

さて、今日は何を食べようか?
朝、捏ねておいたパン生地(ヒエ粉入り、五穀ご飯パン)も随分膨らんでいる。
パン2015・4・3



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム