カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいこと、たのしいこと、きれいなこと

2015/03/31 19:49 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

昨日の午後、飯能の中央公民館の講座に参加した。
家族農業
講師は、関根佳恵さん、愛知学院大講師。
実は、去年は世界中が家族農業年だったそうだ。
日本では殆どメディアにのらなかったらしい。
そして、世界中の途上国で目指した、新自由主義が効果をあげず、
貧困も減らせず、
食料の自給率も改善できず、新しい方策としての家族農業、小規模農業が注目されているということだった。、
今の日本は先進国と言われながら、その路線をしいたまま、
TTPなど進めている、という話を聞いて、
さらに、その影響をもろにかぶる、農業従事者が、
選挙で自分に不利な路線を敷く内閣を選んでいる不思議さも指摘。

関根さんの話は、分析としては真っ当だと思う。
農業が工場生産の論理ではできないことが、家族農業、小規模農業にむく要因でもあるだろう。
関根さんも指摘していたが、家族農業には楽しさがあり、出来もいいとのことだった。
楽しさを計る物差しは、それぞれだから、一般化できない。
先日の雑穀生産者会議でも、生産者が「雑穀は可愛い、愛おしい」と言っていたのが思い出された。
それなのに何故、後継者が減り、耕作放棄地が増えているのだろう?
又、食料について、安全保障というなら、
やはり穀物についてと野菜、果物について一緒にはできないだろうと思う。
更に、おいしさについて、
安全について、
種の問題、
そして、文化としての食べ方も考えなくてはならないと思う。
マスコミの流す画面、
コンビニで売っている食べ物
そう言うものが若い人の嗜好をかなり左右していると思う。
そこまで話したら、きりがなくなりそうで、質問も出せなかった。

小島農場の専務が、取締役の意向を受けて参加していて、感想を求められて、
「いろいろあるけれど、とりあえず、家族農業は楽しいです」と言われた。
生産者がその思いで生産し、
私たちが、おいしいおいしいと食べる。
(実際、小島農園の自然栽培の野菜は種が精一杯成長したおいしさがある)
そこから、変えられるものがあればいいと思って帰った。

飯能河原は桜が咲き、
飯能河原2015・3・30

夕暮れは、なんともきれいだった。
楽しい、
おいしい、
きれい、
みんな、すぐ貨幣価値にはならないが、
それを捨てて、得たいものがあるだろうか?

帰って、ご飯の後、息子のリクエストで煮込みうどんとそば粉入り天ぷらを作った。
うどん2015・3・30
家族が天ぷらは家で食べるものと思っている。
油のおいしさに気付いてしまったということだろう。

今日は、三鷹の友達に会いに行った。
往復は4時間半で、
滞在は3時間だけれど、
自分をリセットできるから、
やっぱり、会いに行きたくなる。
友達にはイチゴ大福3つ持って行き、
夫には苺大福とバナナ大福を6個置いて出かけた。
バナナ大福2015・3・31
夫に味を聞くと、
「おいしい」
甘い?
「ちょうどいい」
褒めてくれてるのだろうが、具体性に欠けるので、
友達に味見してもらった。
皮の歯ごたえがちょうどいいと言われて、持って行った甲斐があった。

作業療法士と3人で散歩しながらのリハビリ。
散歩2015・3・31
三鷹は今桜が豪華絢爛。花見時だった。

友達が、カボチャの煮物カレー風味にしたらおいしかったというので、
去年うちの畑でとれた、まっとうな方のカボチャでやってみた。
カボチャのカレー風味2015・3・31
ヒエを足してソボロ風にしようと思ったが、
炊いたヒエはもう無くて、
もちアワを掛けてみた。
カレーの色が生かせなかったのは、白しょう油がもう色濃くなってしまっているため。
しかし、味はとてもいい。
このカボチャ、去年の秋からころがっていたが、
おいしいから、畑に蒔いてみようと思った。

八王子駅でエレベーターの様子を点検したら、
ゆっくり動くし、手すりも完備だし、
近いうち、友達が我が家に来てくれそうだ。
車窓の学校はどこも桜が雲のようで、野球部の子達くらいしかいない校庭に見事だった。

夕暮れ、何とも言えない透き通るオレンジ色の空を眺めながら、
春宵一刻、値千金と呟きながら、自転車でなく、歩いて帰った。
この空の色、誰が作ったのだろう?
見せてくれた神様に感謝。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。