カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

お節の売れ行き

2015/01/01 20:37 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

今年は我が家は喪中なのだが、
母を喪った夫が全く喪中の意識が無い。
でも年賀状を書く気にはなれず、
喪中葉書も出さず。

そういうこともあるけれど、
夫も息子もお節料理をあまり欲しがらない。
でも、行事だし、季節を感じてはほしいから、毎年簡単なおかずお節を作る。

今年はマスタークラスでやった、エリンギのイカ風が入ったアマランサス入り松前漬け風とか、
お皿に乗せて、
お節2015・1・1
八頭の白煮が甘くて嫌いなので、サトイモ味噌煮など。
いつものおかずとあまり変わらない。
つまり、毎日がハレの日になってしまっているのだ。
デザートも余った果物でフルーツ羹にしただけ。
フルーツ羹2015・1・1

雑煮2015・1・1
雑煮は大根の千切りがたっぷり入っていて、これは最後の一滴まで飲んでしまうおいしさ。
おまけに、お餅が28日に小川町の岩崎さんのところで、みんなで搗いたキビ餅なので、
とってもおいしくて、息子にお節はこれだけでいいと、言われた程。
来年は一緒に岩崎さんちに餅つきに行きたいねと、息子と話した。

母のところにキビ餅を持って行ったので、運転の後疲れて、
珍しく甘いものが食べたくなった。
でも、砂糖の味が嫌いな私は、干し柿餡でお汁粉にしてキビ餅を入れて食べた。
アンコ餅2015・1・1
今年のおやつクラスで紹介したいおいしさ。
古い日本の上品な甘さを是非お伝えしたいと思った元旦だった。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム