カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

次から次へ糸車

2014/08/15 21:30 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

白瓜の切り方が厚かったのと、陽が薄かったのと、網に入れて広がらなかったので
乾きが悪い。
薄くして乾いたところを醤油漬けにしたら、
甘くて不思議な味だった。
そこで、又雷干しにリベンジしてみた。
雷干し2014・8・15
この稲妻はシャープなフォルムでない。
それから、朝食には八潮さんに聞いた(FBで)「だし」を作ってみた。
だし2014・8・15
小島さんのキュウリ1本、由美さんのナス2本、オクラ5本で作った。

今日は盂蘭盆会で母のところに行った。
もちろん息子もお線香あげに、又運転交代要員として同行した。
腹が減ったと言い続けていたので、
母も一緒に「一茶」に蕎麦を食べに行った。
一茶の田舎蕎麦はシンプルな味で飽きない。
宮代に行く度に食べに行く。
今日はすごい人が多く行列に並んだ。

今日も「夏だけ蕎麦」を食べた。
2014・8・15一茶
野菜天ととろろとご飯がついている。
まあベジかな?
天ぷらが気取ってなくて、おかずの感じ。

宮代で 姪や甥の家族が顔を見せ、
姪がいつも宅配をしてもらっている田中さんの野菜セットを私も買うことができた。
私はどこにも遊びに出ないけれど、「有機の里」もお休みで
こんな手間を掛けた野菜たちを手に入れることができて嬉しかった。
取り立てだし。

行きは私が運転し、帰りは息子が交代して運転した。
服が欲しいと言う息子の要望で、上尾の古着屋に寄ってから戻った。

息子は途中疲れて、交代の要請があり、
代わろうとしたが、道が混んで戻るのが難しそうだからいいやと、
結局は最後まで運転した。
疲れた。足が痛い。腰が痛い。眠気が差して来た。
そんなら代わるというと、いいから話しててくれというので、あれこれ語りながらのドライブだったが、
これまではずっと私が往復運転してたんだぞ!と内心思う。
まあしかし、この先しばらくの息子の仕事の輪郭が見えたりした。
何はともあれ、息子は照明の道を走り出し、
大学生になった友達と沖縄に行けなくても、仕事を選んだと胸を張って言い切った。

帰って、草臥れても夕飯作らなきゃ。
ささっとできるのがいいから、残り物のヒエサラダとソーメンで、タブーリを。
それから、田中さんのナスを見て、できそうだと思ってトマトピカタにしてみた。
2014・8・15ヒエのタブーリ・トマトピカタ
今朝の残りの「だし」は冷えて更においしくなっていた。

母のところで 甥や姪の家族に会って、
命の流れや、これまでの自分を見る感じがした。
一つのことが次の糸を引いて紡ぐように、出来事は次々に繋がって進む。
明る方に廻ったら、更に明るいことを紡ぎだす。
今日、母の言葉にちょっと凹んだけれど、そんな自分を見ている私。
大丈夫、自分で決めて、歩いて行くから。
自分も息子に向けて、エネルギーを奪うような言葉を発しないように気をつけよう。
先は何が起きるか分からない。
見ていよう。
助けてと言われるまでは、応援の気持ちを送ろう。
息子が新しい巡りに入っていくのを祝福しよう。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム