カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

帰国?訪問?

2014/08/04 09:56 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

連れ合いが1日に帰国した。
ハワイの義母さんが転倒して、骨折、手術という連絡を受けて、
翌、2月9日に介護に出かけ、
約半年ぶりに手続きなどしなくてはならない用事のために帰宅した。
特にお土産のようなものは無く、
こちらも歓迎宴は無し。
ヒエのコロッケなど
2014・8・2朝ご飯
袋のものは、ハワイでよく食べてたクスクス。
これがお土産なのかな?
夕方戻って、時差で眠くなりご飯を食べてすぐ寝た。
翌朝もいつものシンプルかつ十分な朝ご飯。
2014・8・1夕ご飯

時差のせいで、寝坊が特技のつれあいが早起きして、
法面の草刈りをしたり、
畑の廻りの草刈りしたり、
途中、いかにも疲れたというように、ひっくり返っていたりしながら、仕事をしていた。
つれあいは弱いものや年老いたものに優しいが、ちょっと小姑的な所があって、
会話の端々に指示やお説教的な話になる。

それを避ける訳ではないけれど、
やっと、家にいる時間があるのと、万が一の時取り込む人がいるので、
気になっていた、梅干しの土用干しをした。
小柳母梅2014・8・3
こちらは小柳さんのお母さんの梅
新潟の梅2014・8・3
こっちは新潟のハッピーファームからの梅
どちらも例年よりいい色になりそう。
どちらも、木で熟してからやって来たのだろう。

そんな中、息子は今日の夜、三鷹でお仕事。
照明を担当された方が、途中下車されたので、バトンタッチのお仕事らしく、
いつもより時間も手間もかかっているらしい。
毎日、終電(12時半着)で戻って、
それから又続きで徹夜しての連続。
若いんだ、やれる。
メモを見たけれど、さっぱり分からない。
我が息子ながら、すごいよ。
昨夜は帰れず、朝電話したら「睡眠時間1時間半だよ」
今日本番。
キャストはアイドルみたいな青年が多いらしいが、
スタッフの息子はもっとカッコいい。
そして何故か、大変な時には、必ず助けの女神が現れる。
今回もそうらしい。
ありがとうございます。

今朝つれあいが、栗の苗木(春に買った)を鉢から土に植え替えてくれた。
根付いてと祈る。
くり苗2014・8・4
枯れた栗の木に寄り添うように苗を植えた。
来年は、リビングに栗の葉陰が落ちる予定。
私は三鷹の友達に届けるつぶプルを作り、高菜エゴマを作り、
いつもの朝ご飯にした。
2014・8・3朝ご飯
ご飯は3割雑穀で、2杯食べ、
実はこの他、何故か急に食べたくなった大根おろしも作り、
満足してごちそうさまでした。

ハワイの義母さんは首を長くして息子を待っていることだろう。
90歳でも、すばらしい回復ぶり。
連れ合いが、手術後すぐ手足のマッサージし、
塩をしっかり摂るようにし、
3週間後、老人ホームか家かの選択で家に戻り、
歩行練習を始め、
伝い歩きから、歩幅は小さいながら自力で歩き、
ご飯を炊き、(おかずは連れ合いが作ったらしい)
紙おむつを脱却。
自分でトイレに行けるようになった。
人の体はすごい能力を持っていると思う。
毎日、長男夫婦にOKコールするという約束で、
とりあえずの連れ合いの帰国となった。
連れ合いは、1月後に義母さんの所に戻る予定。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム