カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

恩送り

2014/03/23 08:36 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

お彼岸なので 何回もおはぎを作った
21日は 中日なので息子に
22日は 実家にお線香あげに行った時 母に
今日23日は 小川町の「畑においで」のイベントに差し入れで16個作った
2014・3・23おはぎ

本当は 春の彼岸だから 牡丹餅と言うのかもしれないが
母はいつでも おはぎと言ってたから 私にとってはおはぎ
子どもの頃は 甘いものが嫌いな私は 更にもち米とあんこという組み合わせに
食べる前から「いらない」と言っていた
大福など食べられなかったから
食べるもののない時代だったのに
甘いものに 皆が餓えていたのに
私は 食べられなかった
今は 小豆の味わいが楽しめる 干し柿餡を作れるので 自分も食べられる

昨日は 多忙な息子も
「行かないわけにはいかないだろうな 正月も行けなかったし」
と言いながら 私の車に乗って宮代町まで スリーピングトリップ
初めの内こそ 返事が聞こえたが
ルームミラーにのけぞって眠りこける息子が・・・
まあいいか
彼岸や 盂蘭盆の時は 御先祖様に線香をあげることを知っていて
行けないと 悪いことしたと思っているから
まあ 甘いおばあちゃんがおこずかいをくれるということもあるのだろうが
形から入るということもある
ご先祖様のことを考える瞬間があるだけでも
線香をあげて 手を合わせて 感謝をささげるだけでも
命が 順に送られてきたことを感じるかもしれない

帰りの車に乗った時
おばあちゃんが優しくしてくれたら おばあちゃんにでなくても
誰かに優しくすることを 恩送りというのだよ
そう伝えると うんと答えたが
またしばらくすると のけぞって眠っていた

21日の 白鳥哲監督の 恩送りフェスタに参加して
木内鶴彦さん 池添友一さん 村上和雄さん 白鳥哲さんのお話を聞いた
どの話も なるほどの連続だった

木内さんは彗星探索家
3回の臨死体験がおありだそうだ
生き方は星空が教えてくれる生き方は星空が教えてくれる
(2003/04)
木内 鶴彦

商品詳細を見る

木内さんの本を買ってサインをいただきました

村上先生は やはり 笑いや祈りと遺伝子の研究についてのお話

若い 池添さんは 自然農でほぼ自給自足されている方
ブログは「宇宙と野菜に愛と感謝を込めて」
(http://tokimekifarm.blog17.fc2.com)
その 緩やかなお人柄は 私の世代にも響いた
雑穀も沢山作られている
あ~こういうところに 息子が行けば良いのにと思う
するとすぐ 自分が行くべしと 内側に反論が起こる
私が行こう
ただのめんどくさがりの私がした種まきが 偶々池添さんのぱら蒔きと同じだったから
そして 感動したことを 誰かに伝える それが恩送りだから

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム