カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

自分の能力を保って生きたいから

2014/02/13 22:17 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

三鷹の リンゴさんのお宅で
「つぶつぶごはんと官足法」の会に参加してきた

まず エミ子先生が リンゴさんの足を棒でゴリゴリほぐし始め
順番に 一人ずつ右足をやっていただいた
自分の番でない時は 自分の左足をゴリゴリ・・

私はのた打ち回るほどの痛みは無かったが
親指の脇は痛かった
甲状腺かな?

ともかく 痛いところを探して コリを砕くけばいいので
それが どこか分からなくても 差支えないらしい

私の足の甲を見て
エミ子さんは 100歳まで生きる足とおっしゃった
誉められた足の甲2014・2・13

甲が薄くて 骨が浮き上がって見える
水かきから上へ辿りやすいいということかな

足の裏をよくコリをほぐすと
踵のカサカサが治るそうで
よく眠れるそうだ
今も家では 寝つきはよくて 眠れないと言うことは無いし
朝まで起きない日もあるけれど
明け方 起きることもあるから この足の裏への働きかけで 変わるかもしれない
年は 順当に重ねているけれど 年だからと思いこまずに 保てる能力は大事にしたい
一人でも 生きてゆけるようでありたい
毎日 少しづつコリを崩すようにしよう

指先から鼠蹊部まで リンパを流して 今日は終了
3回で 1クールとのこと

それから つぶつぶごはん
2014・2・13ランチ
春巻きや サツマイモのエゴマ和え キャベツの柴漬け蒸しはどれもおいしかった
デザートは チョコムースにイチゴソースかけ
チョコムース2014・2・13
コーヒーみたいな味わいで 甘いもの苦手の私にもおいしかった
男性にも受けると思う
いつもながら リンゴさんの料理はおいしい
まだまだ 私は練習を重ねなければと思う

帰る頃には 眠気がさしてきて
帰りの青梅線では 座ったと同時に 重~い眠気に包まれて
目が開けられなかった

高麗川駅に着いたら もうすぐ5時
自森からの学バスから降りた生徒たちとすれ違った

今夜は 自家製キムチで チゲ(ナベ)にしようと思ったが
息子は これから川越に行くと 連絡してきた
「おれ 卒業決まったよ」と嬉しそうな声
「だから みんながお祝い会だって」
それで キムチゲはお預けになってしまった
そうか 来月8日の卒業式に(校長との握手ではなく)ちゃんと卒業証書を頂けるのね
少し ホッとする
課題をあと4個とか つい最近まで言ってたから どうなることやらと思っていたが
助けてくれる友人が何人もいたらしい

世間では 大学受験のシーズンに
高校の卒業単位を揃えられるかと騒いでいるのも なんだかなあ

アルバイトもする暇なく
いい成績を取れとも言われず
目の前の 照明の仕事と サッカーの試合で埋め尽くされた 自森の日々を
息子は 振り返る暇が未だ無い

来週は 選択授業の「高三演劇」終了公演があって
初のキャストがかかっている
その後 学習発表会
3月末の ライブ「ウッドストック」まで仕事が続く



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム