カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

とにかく 一歩

2013/10/12 20:15 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

大きな家具はだいたい移動して 
日高市役所に転入届けを出し とにかく引っ越した

引っ越し屋の若者は 手際よく仕事をしてくれて
夕方段ボール箱の山に埋もれてホッとしたら 口もきけないほどぐったりしたが
先はともかく やらねばならないことを 一つずつしてる
疲れたと感じたら 別の仕事に変えて 少しずつ山が消えてゆく

今朝 5時半 東の空
2013・10・12朝の日の出

畑に出て見たら はやとウリの小さな実が見えた
PA123392.jpg

朝日が 畑にさしてきて
山の気が満ちているのを感じる

寝坊のつれあいが起きてきたので
阿里山カフェの野菜を買いに出た
ナント 年に1回の マーケットだった
幾つものテントが出ていて パンや アクセサリー ケーキなどを並べていた
携帯電話で写真を撮ったけれど アップロードできず残念!

無農薬の野菜を買って
戻りながら 道筋の聖天院に始めましてのご挨拶に寄ってみた

約1399年前の 高句麗滅亡の時 この地にやってきた 高麗王若光の墓所
初めは 歓喜天だったのが 不動尊に変わったとのこと
高麗神社と 対をなしている
風水に叶った地だそうだ

私は近くに来ました よろしくお願いしますと 手を合わせた

次は 高麗神社より古いらしい野々宮神社に行ってみようと思う

北平沢には天神社もある こちらも古そう

近くには 富士山と言う名の山もある

日高(ひだか)は もしかするとヒダキかもしれない
飯能はハンナラ(韓国語で我が国の意味)らしい

多層な時間が重なっているのかもしれない

息子は 断れず(楽しいし)昨夜は徹夜で 学園祭のねぶた作りをしていて
これから 先輩の下宿に行くという
自森まで 迎えに行き

夕日

あわただしく アマランサスの海鮮丼を食べて
(写真は忘れ) 
眠気と戦いながら また出かけて行った

来る前に 随分捨てたはずなのに
入れようとすると まだ捨てられるものが見えてくる

使えると言うことは 必要とは限らない
しかし 捨てると言うのはなんと難しいことか

引っ越しの挨拶葉書は何時になるやら
でも始めたと言うことが大事 
失敗したら 又 その時考えよう
とにかく今は どう使って どう暮らそうかを考える
山積みの物を切り崩しながら
一歩ずつ進む 焦るとやり直しになるから 少し丁寧に

今日は暑かったけれど
明日からは 秋らしくなるそうな
日高を歩く人も多そうだ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム