カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

人命救助、栗救助

2013/08/15 07:59 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

別居中のつれあいは何を食べてるのか?と思いながら 日高の家に行った

高速は混んでいて 鶴ヶ島から20kmの渋滞 100分と言う表示を見て
所沢から ICに入らず 直進
下も空いてはいなかったが いつもより20分オーバーくらいで 12時前に到着

案の定 2日間何にも食べずにいたらしい
塩は?と聞いたら
無い
いつもは持って歩いているのに!
その上
汗かくことが嬉しくて 虫よけに合羽着て草刈りをしていたらしい

もう 立派な熱中症になって フラフラになっていた
持って行った 梅干しおにぎりをむさぼるように食べたら ひっくり返ってしまった

塩を舐めたらいいと教えても どうも妻の言うことはしたくないらしく 言うことを聞かない
仕方ないから
体内の塩分濃度が2%変わると死ぬよと 脅した
本当は脅しでなく 真実なのだ
汗をかくとき 塩分(Nacl以外のミネラル分)も同時に出てしまう
それが 人体には危機なのだ

ようやっと 海の精を舐め しばらくするとやや回復
しかし ダメージは大きく 何回も舐めさせて 帰る頃に ようやっと人心地が少し戻ったらしい

今回矢野さんのメンテナンスがあって
フラフラしながら つれあいも 草を切る丈 枝の先の切様など実習した

実は 家のシンボルツリーの栗の木が枯れてきてあわてていたが 
P8143120.jpg

どうやら工事の細かい鉋屑が土に入り込んだのと
多くの人に踏み固められて 空気が土の中を通れなくなっていたらしい

それから 1週間 矢野さんの指示に従って 草刈りと風通しした結果
P8143119.jpg
なんと 下の方から新芽が伸びてきた
生き返って!と願っている
栗の木は 生きる方向に向いている
上半分は 根を守って枯れていると言うことだった
いのちとは 本来そういうベクトルに向かうはずなのに
つれあいは 脅されないと塩を舐めなかった
そして しばらくはダメージが続いている

矢野さんは 草刈りの草の長さを つれあいに伝え
枝の扱いを伝え
全体に 丸みのある優しい景色を
床屋さんのような 鋏使いで作り上げていった

水の撒き方は雨のように 景色を洗うようにと言い
シャワーのような水で表面の埃を落として行った
空気がさわやかに 涼しくなった

息子からメールがあり 8時ごろ日高を出た
帰りは 高速以外は空いていた

イベント用の布を持って 飯能には12時近くなると言いながら
アイロンまで 持って行った

顔を見る度 なんか野菜をくれという
嫁に出した娘のように 所帯じみてきた
帰ったら 洗濯して 打ち合わせできるとこるまでして・・・と
ぶつぶつ言いながら 最後に
「それより 俺 演劇の方をやりたいんだよ」と本音がポロリ

それは 助けてやれないことだ
見てる 成功するように祈ってる ただそれしかできない

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム