カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶつぶ天女セミナー2013が開かれました

2013/01/30 16:12 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

26日 27日に つぶつぶ天女セミナーが開催された

26日に3人の方のメッセージをお聞きした
どの方のお話も 興味深いものだったが
特に 村上和雄先生のジュークには ほのぼのながら 笑わずにはいられなかった 
遺伝子がOnになる Offになるのに 運動 食べ物 それと祈りを含めた思いの力が関係してるという話が
分かりやすかった

午後多彩なゲストの ワークショップや レクチャーがあり
ゆみこさんの話を 多面的に見せてくれたり
体験したり

闇の中を歩いてきて 今 自分が変わることで 自分を取り戻せるなら
これを やってみるしかない 今まで他に 道が無かったのだから
そう ゆみこさんは 午後の部を 締めくくった

ひとつ ふたつ ・・・・・・とお もも ち よろつ
世界全てが これらの音に入っている 
言霊の世界は 私を魅了する
不思議なのに 納得

夜のデイナーには つぶつぶならではの ご馳走の数々が並び
シェフや スタッフは これだけのものをどうして作り どうして運び 並べたのだろうと
圧倒されながら よく食べた
懐かしい方と お話もできて V席の醍醐味を味わった
P1262207.jpg


27日は 午前のゆみこさんの講義は モニター画面で受け
午前の最後に つぶつぶマザーたちの 担当場面があり
私も 舞台に立ちました

4人のマザーの体験は 皆さんに多くのことをお届けした様子を 
ロビーのモニターテレビで見たり 靴を履きかえたり・・・

午後は しっかり レクチャーを聞き
yosieさんの歌を聞き
・・・・
瞬く間に 終了

私は 自分の母に こういう料理教室をしているということを 見てもらうために
来てもらった
母は 87歳半 一人で 宮代町(東武動物公園のある町)からやってきた
耳が遠いので 講義はあまり聞き取れなかったらしいが
歌や 踊りは 楽しんだらしい
沢山の方に お世話になり ありがたいことと言っていた
ホテルでも 緊張のため なかなか眠れない私を横に
すぐ 熟睡していた

この何か月 ここに向かって 私は息せき切って走ってきた

課題は 多く残った

大勢の方の前に出ても 余り緊張しないのに
ロビーで 一人の方に 話しかける言葉がみつからず
口を 金魚のようにパクパクさせるだけのことが何回もあった

帰ってから 次のことをしていて 忙しく
つれあいとは 昨日(火曜日に)話をした
つれあいが 私と暮らさなかったら こういうことを知らなかっただろうと言った
私も 山形のいのちのアトリエに行かなかったら 知らなかったと思うよと 答えた
たった 7年前からの道のりなのに とても遠くまで来た感じがする

私は 生命(いのち)の方向に沿って 手の暮らしを楽しみながら 世界の生まれ変わり目指して生きよう
そう思った

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。