カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は 七草

2013/01/06 08:50 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

もう お節は残ってないし
ゆうべは リクエストに応えて うどんを作った
この時期 風邪に効能のあるネギが旬というのは
神様からの贈り物だと思う

P1052127.jpg
おかずもリクエストの葛あんというか ミートボール入り白菜炒めの葛とじ
ご飯は五穀どっさりの贅沢六穀ごはん

おやつは 沢山いただいたお餅があるから
干し柿あんのぜんざい
P1052125.jpg
もちろん たくあんも付けて

息子はつれあいの英語は聞き取るものの
英語 ローマ字(ついでに漢字も)嫌いで だからついでにパソコンも嫌い
今どきの子ではないが
今年は 新しいことに挑戦するため 
(なんと 私の声も聞こえないほどのめり込んで)本を読んでいる
父親に聞きながらパソコンを操作している
慣れないことに着かれると
スケッチブックを広げて
グラフィックデザイン(と思う)を描いている

これを まっとうしたら 新しい専用パソコンを買ってやると 約束してしまった
というのも わたしのパソコンを使っているから

つれあいがこの本だけは 飛ばさずに読んだという「うんこに学べ」

P1062131.jpg

私も読んでみたら 面白かった
その中に
「つちという日本語は 場所を表す<つ>に 霊を表す<ち>がついた合成語で
 場所の霊という意味である」
とあった
日本人は土を汚いとは思わず暮らしてきたのだ

その他 水田に人糞を入れて 水もし尿も 緩速ろ過して 循環させていたのだ
昔の人は 知識ではなく その循環を神として感じていたのだという記述に
凄いことが 淡々と 連綿と続いてきたのだなあと思った
私に続く 八百万の神様への 敬いは血の中に流れ続けている
便所の神様がいる日本の暮らしは パリのベルサイユ宮殿より 
はるかに清潔で心地よく 心も穏やかに 科学的に進化していたのだ
明治維新で失ったもの 1945年の終戦で失ったものは大きいと思う

つぶつぶがおいしいのは そんな血が喜ぶ古代の命が包まれているからだ
今日は つれあいは勤務なので 七草粥は夜にしよう
ねぎ味噌と梅干しのおにぎりを持って 出勤していった

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。