カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんて しあわせな毎日が~♪

2012/01/28 12:25 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

23日、24日とセミナーで つぶつぶカフェへ行った
2日分とはいかないが ごぼうの赤ワイン煮を作って置いて出た
P1220690.jpg

セミナーは前より緊張せず受けられ
一番うれしかったのは あわの歌
何年も想像してたのと近かった
また 縄文との出会いだ

次の25日は 自森での「肥田舜太郎さんの講演会」に出かけた
1時からといっても 10時少し過ぎには家を出た

肥田さんの被爆者治療体験は 聞くだに 身の毛もよだつすざまじいもので
その中で アメリカによる原爆の人体実験に対する憤り 医学の無力さんなどから
内部被ばくについての研究や 核は生命の方向に反するものという信念を深められたそうだ
95歳の肥田さんは立ったまま講演をされ お声が力強く
その姿は 自分の信念のゆるぎなさから来ているのだなぁと思った

後半は卒業生、高校生との質疑応答
彼らの切迫感が伝わってきた
みんな 大かれ少なかれ そういう思いを持っているだろうな
子供は産めるか?
これからどんな症状が出るのか?
周りの人は核反対に 冷ややかだが 自分はどうしたらいいか?
肥田さんは どの質問にも 命を守る方向の道を選んでほしいという視点で答えていた

それにしても 大変な時代に生きることになったものだ
どこまで腹を括れるか 覚悟はいいか 私が問われている

さてその時 息子は?
講演会の会場の大音楽室にはおらず 
真下の 多目的ホールで 高1演劇の翌日の本番を控え 最後のリハの照明にかかっていた
それはそれで いいけど この話は聞いていないのだ

りんごさんと帰った

ところが 帰る途中 武蔵野線に乗った途端 体調が悪くなった
吐き気もあるが だるい方が強く 運よく座れたので はた目には眠そうに見えたくらいだろう
南越谷駅のトイレで 思い切り吐いた
すると 少し回復して 歩けるようになりなんとか帰宅
しかし 布団を敷くのも パジャマになるのも まして洗濯物を取り込むこともできない

しばらく リビングの座布団に倒れていたら 息子が帰ってきた
寝なよ と言われても 体が動かない
23,24と父さんの夕飯は面倒見てくれたが
25日も 遅いシフトの父さんに温めて夕飯を出したら 寝るのが遅くなり
26日木曜は難物の「情報」があるのに起きられず 遅刻
教員にどうした?と聞かれて
「かーちゃんが 吐いてダウンしたから 看病で遅れた」と答えたそうだ
まぁ 遠因はそうだけど・・・ほんに口達者

それから 丸2日とろとろ眠って過ごした
私にとって念願の絶食体験ができた
食いしん坊で 思っても食べたくなってしまい どうしても食べてしまうので
絶食というものができなかったが この2日間は食べたくないので 楽にできた
気持ちが悪いのではなく 食べたい気持ちが湧かないだけで 冬眠中の熊みたいだった

昨夜になると 眠るのに飽きてきた
まだ食べたい気持ちにはならないが 横になっていたくなくなった
夕飯用に 六穀ごはんを炊いて つぶそばとこんにゃくのピリ辛炒めを作ったら 息子が帰ってきた
もういいの?というから
まだだけど 寝てるの飽きたから起きてると言っても
安心したように ぐ~たらしてた
昨日までは 帰ってから 圧力釜でごはん炊きや 味噌汁を作っていたのに
まぁ 良しとしよう 留守は約束通り 父さんの面倒見てくれたし
と思ったら 何やら野菜を取り出し 摩訶不思議な炒め物を作り
うまいうまいと どんぶり飯2杯食べた

私は お腹がすき始めたが 何が食べたい?と体に聞くと
薄いお粥
というので
塩を利かせて重湯のようなお粥を作って ほんの少し食べた
こんなおいしいものがあるかしらと思うほどおいしかった
P1270693.jpg

それから 甘酒ができたので やっとの思いでマッシュして 火を入れて
洗った鍋の甘酒を飲んだ
甘酒の麹がお腹に行って 困った細菌をパクパク食べているのを イメージした
そうだ 味噌汁もだ と今朝は 自分で(つれあいより)おいしく作って 飲んだ これまたうまかった

あんまり 辛い思いはしてないが 念のため土曜日のスイーツクラスは中止にしていただいた
申し訳ないことをしたが 中途半端な用意ではスイーツはできないから 許していただいた

もう寝ていられなくて 月曜日のクラスの準備を始めた
今日は地震が多い

吐くだけ吐いて 入れてないから 私の体はさぞきれいに掃除されたことだろう
なんと密度の濃い今週だったことか

なんと幸せな毎日が~♪とYOSIEさんの歌が浮かんできた

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。