カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちのアトリエ

2011/01/04 10:43 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(3) Edit

年末になって つれあいが30日から3日まで スタンバイがないと分かり
息子も お年玉以外の行脚はなし 
そして 15歳ギリギリ

いのちのアトリエのオープンハウスに行こう!と家族3人で服をどっさり持って
米坂線の小国駅に立ってからちょうど5年
つまり 我が家のつぶつぶ生活が5周年ということで
急遽 今年のオープンハウスに参加した

小学校時代 学校が嫌いで行きたくなかった息子にとって 生きる救いとなり
その後 最大の楽しみ 学びとなった いのちのアトリエに 子ども時代の最後の姿を見てもらいたい
感謝を伝えたい 息子にも あの時の喜びを思い出して欲しい
そんなつぶつぶ5周年の記念参加だった

5年前は豪雪で
米坂線はナルニア国へ入ってゆくかのように 雪の中を進み
小国の街の道路は除雪した雪で道幅が狭くなっていた
アトリエの電柱が上から30センチしか見えないところまで雪で埋まっていた
そして 私がどうしても信じられずに自分の目で見たかった
「薪ストーブ1台で家全体が暖かい」という様子が本当にあって
ストーブの中の炎から目が離せなくなってしまった

今年はそれほど雪はなかったが
降ったり止んだり
いつも 新雪があって カキ氷ができた
スタッフの大島農縁ファミリーは今年も笑って迎えてくれたし
5年前ご一緒したM母子とも再会
クッキングクラブでお会いするIさん
天女セミナーにおいでだったEさんファミリー
5年の間に生まれたご縁のなんと多いこと!

いのちのアトリエ12.31
2010年の最後の夕日を見ながらのアトリエ

つれあいと息子は思う存分朝寝や昼寝をした他
息子は予定通りスノボーを
つれあいは 料理を作る間ずっと立っていて
「やってみますか?」と言われると イソイソとやらせていただき
カボチャのシュレッドケーキをうまくひっくりかえせて嬉しそうだったし
橇などはしないが 建物の周りを散歩したり
皿洗いは自分の役と 必ず洗いの中に居た
私も スパッツをつけたブーツでキラキラ光る雪面を歩いたり
ゴボウを洗いながら初日に手を合わせたり
しんしんと空からゆっくり降りてくる雪の行列の静けさの中に立ったり
薪ストーブが支えてくれる雪の中の生活を楽しんだ

31日はEパパやつれあいも加わってのソバ打ちで(子供用のうどんも)お腹一杯
てんぷらもおいしかった
お年越しの一芸披露も恒例
つれあいはギターで「たのしいひなまつり」
息子はみかん3つでジャグリング
私は昔話「かにかにこそこそ」の語り
S君のヨーヨーは盛り上がり
最後にゆーちゃんのサルサ
青山さんのダンス

そうして 勝ち抜き小豆摘みも5年前のように行われた

元旦の朝 東向きの台所から雲間の初日が昇った
元旦の夕飯は ヒエのうな丼

 ヒエのうな丼1.1
このうな丼が私のつぶつぶへの入り口だった
5年前 初めてこれを食べた息子が 帰りの米坂線に乗ったとたん
「かーちゃん うちで又ヒエのうな丼作って」と言った
それでは セミナーを受けねばと考えたのが出発の一歩だった
はたと気づけば ずいぶん遠くへ来たものだ

さっきまでかなりの降りだったのに 夕方西の窓から見ると 雲が消えてきた

 西側1.2
ファンタジーの中の女の子のようにしばらく空の色が微かにばら色を刷くのを眺めていると
ずっと昔のある時にタイムスリップしたみたいだった

今回 直前の行動で お正月の帰省期間でもあり 新幹線の指定はどうかと思ったが
行きは米沢まわりの席が2席取れ
帰りは新潟まわりでグリーン席3席だけ残っていてセーフだった
坂町で羽越線が地震のため 特急が1時間送れだったが
我々は 各駅利用を予定していたので なんの支障もなく7時半帰宅

我が家は 寒かった 薪ストーブが恋しい
おまけに アトリエではなんと良い子!だった息子が 帰ったとたん
シンデレラの魔法が解けるように 相変わらずのTV好きに戻り
「はい」と気持ち良い返事は「あんたに言われたくねえ」となって
夢だったの?
ビビデバビデブーと何回も言ってはみるのだが

まだまだ 闘いの日々は続くということか

おかえりなさい
おめでとうございます。
今年もさらによろしくお願いします!

きっといのちのアトリエだろうなあと思っていましたよ。
家族そろって5周年を楽しく迎えられて良かったですね。
ビビデバビデブーには初笑いでした!
[ 2011/01/04 19:58 ] [ 編集 ]
ヒエのうな丼
今年もよろしくお願いします。

アトリエに行かれたんですね。雪のアトリエ、いいですね。
実況中継のようで楽しく読ませて頂きました。息子さんのシンデレラも最高です!

ヒエのうな丼がつぶつぶの入り口だったんですね!
今月から行なうランチの会のメニューにしようかなと思ってしまいました。
でも一度も作ったことがないんですよね。練習してみようと思います。材料は確か揃っているかと・・・

[ 2011/01/04 23:32 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます
MAKOさんへ
 28日までは息子一人で行かせる予定でした
 Gさんが空くとなって 急に決めました
 アトリエの場所の地霊というのでしょうか 気配と言うのか
 そんな何かに息子の背の高さをお見せしたい そう思いました
 今年はもう子ども料金は卒業です

ナナさんへ
 そうなのです
 息子の一言がきっかけでした
 おまけに オープンハウスも息子が又行きたいと言って 何回も行きました
 ヒエのうな丼は 揚げる時スッと手を抜くのが崩れないポイントのようです
 たれを絡めるのはフライパンで2,3個づつでした
 レンコンが入り 海苔の黒が見えると鰻になるから不思議です

お二人へ
今年も教えていただくことが多いと思います
どうぞ 宜しくお願いいたします
[ 2011/01/05 08:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。