カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アミ 小さな宇宙人

2010/04/15 08:42 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(2) Edit

junkoさんがプリントアウトしてくれた紙に この本のことがあったので
つぶカフェからの帰りに 本屋に寄って 買ってきた
アミーゴのアミが小さな子供にも分かるように 宇宙の法を教えてくれる本だった
アミが言う 「頭でなくハートで感じることが大事」
「先を取り越し苦労しないで 今をもっと深く感じることが大事」
ペドゥリートを超えて私に言ってる そう思った
今を掴みきれないことが私には沢山在るとこの本が思い出させてくれた
整体に寄って遅く帰った息子はシチューだけ食べて この本貸してと言った

ヒエのシチュー
夕方から冷え込んだのでシチューがおいしい(但し かぶが無くて大根にした)

クッキングクラブの復習にヒエのしんじょ(かき菜入り)を作り ついでにヒエそぼろ煮を作った
ヒエしんじょ
かき菜は桐生の宮田さんの無農薬 もう40年有機農業をされているそうだ

ヒエそぼろ
もう夕飯をいらないと言った息子がつまみ食いをした

お洒落第一の息子は今日から弁当なしで行きたい
学食にしてくれとのこと
正直 ショックだ
今日のチリビーンズ弁当はうまかったと言いながら 荷物を持ちたくないと言う
2年間工夫をして作ってきたが・・・なんて考えるのは 私の思い込みなんだろう
もう一歩後ろから見たら 本人を超えていいとか悪いとか決めていたんだろう

アミの本を読み終り 息子に渡したので
いま 大村祐子著 空がこんなに美しいなら を読み始めた
大村さんはシュタイナーの考えに立つ「ひびきの村」を北海道に作られた方

本の中に「評価しない 比べない 競わない」と言う言葉があって
その言葉が 息子の弁当問題をシンプルにしてくれた
私の価値観で評価してたなあ
正しいより 楽しいを見失ってたなあ
どうも 息子のことになると こうしたらどうなるかという風になりがちだ
自分の目の前のことをじーっと味わう練習をしなくちゃ
自分の時間と家族とを分けないといけない
息子のことをもっと手放そう

そう思うそばから「学バスに乗り遅れた タクシーで行っていい?」と電話がきた
(遅れそうなので 駅へ送っていったのに)
「ちょっと 本屋に寄ってたら遅れた」
(あ~そ~なの)
学食の食券を買うお金を持たせたけど お釣りはちょうだいと言ったはず
誰かが私を試しているような気がしてつい「分かりました」と言ってしまった
アミが連れて行ってくれる世界にまだ行ってないのに・・・
まあいいかとつぶやいて 太極拳をしにでかけた

今日も寒い また息子の好きなうどんとてんぷらにしようか
人参ピーナツ揚げ
人参を蒸してピーナツいりの衣で揚げたてんぷらもクッキングクラブで習ってきて家族に好評だった

アミ 小さな宇宙人
私もつぶつぶりんごさんのブログで見て、1年位前に読みました。また読み返してみようかな、って思いました。
空がこんなに美しいなら も読みたいな。

息子さんのお弁当の事、学食に飽きて『かーちゃん、またお弁当作って~』と言いそうな気がしますよ。
りーふさんは、インストの時からご自分の事を第三者のように見る目をお持ちでしたよね。
私も見習いたい!といつも思っています。
最近は自分の持つイメージと事実は違う!と実感する事が色々起こってます。
また息子さんの事、記事にして下さいね。
[ 2010/04/17 17:24 ] [ 編集 ]
寒いから
息子に聞いてみました
寒いから 学食の温かいのが良い だそうです
まあ 恋人未満と一緒の物を食べたいということもあるようです
学食は自森のうりの一つで
調味料にはオーサワのものを使っているので味もいいらしいです
伝統食には玄米や雑穀ごはんが付いたりしてます
(うなぎの蒲焼も伝統食になりますけど)

息子はなにも悪くないです
でもがっかりする自分は相手を変えようとしてたのでしょうね
がっかりはエネルギーを失わせることなので もっと自分のことでこのことを変えてゆこうと思います
まだまだ 頭で食べてるところがあると反省です

試合があれば勿論「弁当作って」となるでしょう
その時は やっぱり弁当にしようかなと思わせるくらいの味を目指しましょう
[ 2010/04/18 08:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。