カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

着物解きその2

2016/12/05 21:29 ジャンル: Category:針仕事
TB(0) | CM(0) Edit

来年にことをいうと鬼が笑うというけれど、
来年には必ずやってみたいと思っていることがあります。
そのために、きれいな完璧な古いだけの着物を解いています。
昨日の続きを朝からやって、お昼に全部解きました。
解きながら、ちょっと前の時代、母が若かった頃にはこの解きが当たり前だったことを考えました。
母が着物を洗い張りして、張り板に糊付したり、伸子張りしていたのを微かに覚えています。

もう少し前だと、1枚の着物を単衣から袷に、さらに綿入れして4シーズン着ていたこともあったのです。
その知恵と技術は残っているのでしょうか?
着物のプロは知っているのでしょうか?
できることなら、その一端でも受け継ぎたいものだと思います。

紺色の糸は陽当たりの良いところだとよく見えるので。
布を切らないように気をつけて少しづつ抜きました。
ミシンは上糸と下糸で縫うのですが、和裁では1本の糸で縫い進めます。
手で縫うので、適度の張りとゆるみを持たせられます。
最後の半返し縫いでしっかり留っていて、糸止めの玉も小さくて丁寧に切りながら抜きました。
裏地も、すそ回しも解いて後は洗ってアイロンをかけます。
これは高橋恵美子著「手ぬいの着物リフォーム」で知ったことです。
手縫いの本2016・12・5

手縫いが下手なのに、好きでこれまでもこの人の本を元に幾つか服を縫いました。
息子が小さい時、結婚式出席のための服を作ったこともあります。
博道君の結婚式2016・12・5

黒の別珍でベストとニッカボッカのスーツです。
可愛くて、女の子だすか?と聞かれました。

小学校入学の時は長ズボンにしました。
小学校入学2016・12・5
一応正装だから半ズボンではなくと思ったのでした。

解きが一段落しましたが、アイロンが見つからず、先に進めません。
そこで、運針練習で雑巾を浴衣地で作りました。
本当は熟れた生地の方が水を吸うのですが、今あるもので練習です。
ぞうきん2016・12・5

今日のおやつは、
甘酒ビスケット2016・12・5
甘酒ビスケットと
ラーメン2016・12・5
米麺ラーメンでした。



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム