カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉の最古の民家・吉田家住宅

2016/08/19 21:10 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

朝6時起きで文章を考え、
セミナーに向けての準備その1にとりかかり、
ついでにおかずを作り、
ヒエシイタケ揚げ2016・8・18

昨日借りてきた、埼玉のカフェの本や蕎麦屋のガイド本など見て、
チラシをお願いできそうなお店はどこかなーと考えていたら、
囲炉裏のある蕎麦屋さんが出ているではありませんか。
それも、車なら1時間以内です。よく知ってる道の先です。
夫に夏休み気分を味わうドライブにお誘いしたら、
珍しく「行きます」と言う返事で、
お昼から小川町まで行きました。

埼玉県で確認できる創建でもっとも古い民家という「吉田家住宅」というお店に行きました。
赤堀さんちからすぐだけど、
きっと今日は畑だろうななんて思いながら到着しました。
吉田家住宅2016・8・18
築300年(補修済み)です。

ありました、囲炉裏。
移動式囲炉裏2016・8・18
夏も火を入れてると書いてあった通りです。
こちらは車が付いていて、移動できるのです。
夏も火を焚くことで、家の湿気を取るそうです。
かびが発生しないのだそうです。
囲炉裏の火が空気を上に行運び、外から風を引き込んでいます。
熱いという感じはなくて、背中側が風で涼しいのでした。
冬は寒いけれど、思う程ではなく、風は山が遮り、縁側は日だまりで温かいそうです。
昔の人は、気候や地形をよく分かって、家を建てていたんですね。

土間を振り返ると、そこにも囲炉裏がありました。
座敷囲炉裏201・8・18
こちらは座敷にはめ込まれています。
この囲炉裏を見ながら、
夫は蕎麦を、
蕎麦2016・8・18
私はうどんを食べました。
うどん2016・8・18
あ〜やっぱり囲炉裏っていいなぁ。
ストーブと違って四方から向かい合える。
いる人みんなの顔が見える。
囲炉裏のある家に住んでみたいなぁ。
それには煙り抜きや、周囲の状況を考える必要があるのですが、
今の私の憧れです。

食べながら周りをキョロキョロ見回すと、
こんなお膳が積んであったり、
箱膳2016・8・18
懐かしい高機があったり、
高機2016・8・18

そして、座敷を涼しい風が吹き抜けているのです。
外は青空とむくむく雲と眩しい光です。

食べていたら、
あら!見知った方が入ってきました。
赤堀さんでした。
食べ終わってもゆっくりしていたい囲炉裏の所に行ったら、
夫が写真を見てました。
なんと、赤堀夫妻はこの住宅で結婚式を挙げられたのです。
写真は初々しい赤堀夫妻の姿でした。
ここはいろんなイベントができるそうです。
今日は赤堀さんにチラシをお願いすることができました。
おとついはNukunuku Cafeさんに行ったら
チラシ置いていいですよと言ってもらって、
ちょっと臆病な私を誰かが押してくれてます。

いろんなお話を聞いて、
ついでだから、もう少し先まで行ってみようか?
岩根洞っていうのがあるらしい、と行ってみましたが、
見つけることはできませんでした。
代わりに、鉢形城址公園に寄って、
強者どもが夢の跡を歩いて、土塁や礎石を見て帰りました。
鉢形城址2016・8・18
600年前の城跡(といっても平城でしょう)は風だけが流れていました。
いつもと違う景色を見て気分転換になった?と夫に聞いたら、
「いいや、別に」だそうでした。
私だけが面白かったようです。
もう連れて行ってやらない方がいいかもしれません。

帰ったら、息子が珍しく陽があるうちに帰ってきて、
「腹減ったー」というので、トマト味噌ソースのパスタにしました。
ナポリタン2016・8・18
生トマトものせ、今朝のヒエシイタケ揚げの残りも、息子の希望でシソの葉ものせました。

数日前、ある蕎麦屋で食べてから、やってみたかったサラダを作りました、
素麺サラダ2016・8・18
細いのは素麺です。
キュウリとピーマンの細切り、畑のミニトマトをヒエ粉のマヨネーズで和えてみました。
マカロニも小麦粉だから、
これは和風マカロニサラダと言って出しました。
素材がいいからおいしかった。
卵も豆乳も入らないマヨネーズは生臭さが無くて、優しいサラダでした。

さて、明日から3日間都内へ出かけます。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。