カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

親バカって

2017/04/20 21:17 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

うちにオレオレの電話が週に一度くらいの割りでかかってきます。
あの〜俺ですけど
あのさ〜少し金入れて欲しいんだ、です。

私が
Who are you?と聞いたら、
バカ息子です、と応えたので、
うちにはバカ息子はいません、イケメン息子しかいません、と言いました。
すると、
それは、親バカだ〜と言いました。

しょうもない親子です。
でも、車の運転うまいのにキズつけちゃうんだよねと言ったら、
ホントボコボコにしたよな〜、でも母ちゃんが怪我してなきゃいいさ、だって。
うちのオレオレは母ちゃんキラーです。

今日は作り過ぎたタケノコご飯をついでに届けました。
タケノコご飯2017・4・19


夫の冒険?

2017/04/07 14:57 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

入り口のしだれ桜はほぼ満開になり、
酔っぱらい始めました。酔っぱらい桜2017・4・7

夫が山口の田んぼの手入れに出かけました。
相続したわけでもないのに、
義父の名義の田んぼが荒れるのが、周囲の人に迷惑になるのを心配して、毎年出かけています。
但し、今年はフェリー利用という初めての体験です。
1ヶ月も前から調べ、
出港地の有明までのドライブも予習して、
いよいよ、本日出かけました。
夫にしたら、決死の行動らしいです。

車の中は夜逃げか、車上生活者のようです。
ちょっと違うのは、刈り払い機が見えることでしょうか。

つい先頃、
夫はおにぎりを作れないことが判明しますた。
作ると言いながら、まるでご飯のピラミッドのようなものを作ってしまいました。
そういえば、中国人留学生とのサマーキャンプの時、
やっぱりおにぎりが作れない様子に、
おにぎりは文化なんだと思ったことがありましたが、
夫は、昔気質の義母が家事をさせなかったので、
食べてはいても、作れないのでした。
出かける時には持って行くことがおおいのですが。

それで、今日もおにぎり2つ、
1個は梅干しと一緒に干したシソの葉を千切っていれ、
もう1個は梅干しをいれました。

息子は細菌米が減ってるというし、
青菜を渡したら、喜んでいたし、
何の心配もないのですが、
夫の育て方は間違ってしまったかもしれません。

おにぎりの他、携帯食2種を持たせました。
携帯食2017・4・7
手前がヒエ粉のヌガーバー、奥が甘酒ショートブレッドです。
どちらも穀物が主体で、砂糖や卵などを使ってませんので、
保ちがよく、崩れにくいのです。
夫はどちらも大好きです。

真剣な表情で出かけて行きました。
それにしても、うちの夫は姑みたいな説教が多い。
しばらくは一人暮らし満喫です。

たいしたもんだよ、うちの息子

2017/04/01 22:30 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

息子の初の役者姿を見てきました。

自由論2017・3・26

なかなかよくやってるけど、まぁ役者はもうないだろうな。
そう思いながら帰りましたが、
昨日電話で話した様子では、
全く懲りてませんでした。
声がかかれば、又やってもいいかな、だそうです。
このふてぶてしさは才能かもしれません。
このめげない精神は大事だな。
私より上いってる。

台詞をとちるけど、何か存在感はあったから、
もしかしたら、笠智衆みたいな役者になるかな?
ナイナイ!

次のイベントは新入生向けイベントの照明チーフだというから、
これは何の心配もしてません。

多分役者のオファーは当分無いでしょうから、
次はダンスでもみにいこうかな?
そして、私も
「かーちゃんよくやるなー」と言わせてみたい。
明日は江東区のヒモトレ祭りに出かけます。

息子の旅立ち

2017/03/13 19:52 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

息子が一人暮らしを始めることになり、
私の運転で相模原まで往復しました。
今までは友達のところに居候で、
時々うちに帰るという日々でした。

行きは圏央道で相模原ICまで行き、
そこから市街に入りました。

息子の借りた部屋は今時のはやりのロフト付き。
ル・ロジェ2017・3・13

エアコンとユニットバスの安ホテルのようでした。
私はこの部屋では暮らせそうにありません。
でも、息子が一人でやってみようと思ったのはそれなりの成長です。
動物は必ず親離れしていきます。
よく分かっていますが、
更に帰宅が少なくなるのは、つまらないなぁと思ってしまいます。
ネコか、犬でも飼いましょうか?
いやいや、料理教室だけで手一杯です。

塩、味噌、しょう油、と油を運びましたが、
一体どこに炊飯器を置くのかしら、
ご飯を炊かない仕様?
でも、息子はパンよりご飯派です。
米も運びました。

息子は一応料理は大雑把ですができます。
暮らしのことは心配はありません。
掃除も、洗濯もそれなりにできます。

寝に帰るだけでも、自分の場所を作ったので、
不得意なことも避けずにやるようになればいいのですが。
そういう私も不得意なことから逃げたい方で、
1日中好きな本を読んでいたいのは、子供時代から同じです。
なかなか、息子に説教できません。

私に似て、意気地なしの息子は、これからは辛くても一人で泣くしかありません。
困難に自力で立ち向かうしかありません。
失敗の経験も自分だけで受け止めなくてはなりません。

そして、私は、そういう息子を遠くから見ているだけを練習です。
私にとってそれが必要な経験で、
息子がさせてくれたのです。


先に心配しない。

2017/01/14 15:32 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

明日はクラスと気付いて用意してたら、
夫が明日は雪になるのでは、と心配しきり。
でも、私は困ってから考えようと決めました。
起こってないことをあれこれ考えないことに決めました。
息子のこともです。

寒いのでオーブンを使いました。
明日の試食用スフレを作り、
(冷やして食べる用に)冷蔵庫に入れました。
カボチャのスフレ2017・1・14

それでも、夫は心配を続けてました。

私はちょっとおいてしまったリンゴで、
マフィンを作ってみました。
これは実験でした。
バナナが生のを潰してマフィンに入れるなら、
柔らかくなったリンゴのクラッシュでもできないだろうか?
甘酒スムージーでリンゴもうまくできたので、
やってみました。
リンゴのマフィン2017・1・14
塩煮リンゴのバラを載っけて焼いてみました。
やはり、バナナほど甘くありません。
でも、やってみて気が済みました。

だから、その時はその時で生きるのがずれなくていいと思います。

それにしても気温の低いこと。
外に出たら、胸が痛い程でした。

今の寒さをしっかり感じて、春を待ちます。

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム