カワセミ街道の風    

毎日の暮らしと思いをつぶやいてます。

アメブロにどうぞ

2017/12/31 20:54 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

私のオフィシャルブログはアメブロに移りました。
こちらでお待ちしています。

クリックしてください。
   ↓
新しいブログはこちら

ほみや 12月の予定

2016/12/24 20:14 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

今年の冬は早そうですね。
12月の予定です。

マスタークラス(未来食セミナーシーン1〜3)受講された方向けクラス
(この回で、とりあえずマスタークラスは終了します。)
1日(木)3日(土)共に10:00~15:30
午前中はおかず・粒ソバのテリーヌ・ハヤシライス・その他
午後はスイーツ・ガトーショコラクラッシク
参加費 10000円

つぶつぶ料理体感会
8日(木)9日(金) 共に11:00~12:30
つぶつぶってなぁに?という方に、自分の体験と8種のつぶつぶ料理(スイーツ1種を含みます)
参加費 3000円

未来食セミナーシーン1フォローアップクラス
(どこで受講された方でも参加できます)
16日(金)10:00~14:30
セミナー受講されて、実践を始めた方に、こつやアイデァを伝えます。
そして、テキストの振り返りもしましょう。
12月はヒエがテーマです。
参加費 5000円(セミナー受講者にスペシャル価格です)

未来食セミナーシーン1
23日(祝) 10:00~19:00
食と命の仕組み、グルメと健康と平和に生きるためのガイドを伝えています。
詳しくはhttp://www.tsubutsubu.jp/seminar-miraishoku/を見てください。
参加費 55000円
(テキスト、料理レシピ、料理DVD、試食ランチ、ディナー代を含む)

お問い合わせは Eメール:homiya.tsuyu.2★gmail.com
(★を@に変えて送信してください)


歴史や経済ではない暮らしの連続

2016/12/23 11:00 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

最近電車書斎での読書は民俗学の本でした。
初めは体の使い方のことを知りたくて、
この本を読みました。
民俗学2016・12・23

そのうち、この本に巡り会い
オオカミ信仰2016・12・23

そこから宮本常一の世界へ辿り着きました。
宮本常一2016・12・23
宮本常一は周防大島の出身です。
学者というより、農民として暮らしながら、古い時代の話を聞き集めてまとめたのです。
柳田国男は知っていましたが、宮本常一は知りませんでした。
本を読み始めると、周防大島で生まれ育って、ハワイへ渡った義父と重なってきました。

イザベラバード2016・12・23
「逝きし世の面影」で名前を知っていた、イサベラ・バード(イギリス人)に興味あって読みました。
その本の中の日本はパラダイスの様でしたが、
宮本常一の読み解きに触れて、
パラダイスのようでもあったけれど、
蚤やシラミが当たり前の暮らし、
皮膚病や眼病が多かったという事実も分かりました。
宮本常一の筆は決して冷たくはありませんが、
苦しい暮らしや、そこに何の不満も無く毎日を送る暮らしがあったことも明らかにしています。
宮本常一はそういう身近な人々を優しい目でみて、共感を寄せているのです。

一番最近読んだのは
忘れられたhとびと2016・12・23
忘れられた日本人です。
宮本常一が尋ねて行って、
聞き取りしたものです。
農地解放や、
作付け、
その他、数字で書かれたこともありますが、
私の心に残ったのは、
一般化できないだろう人の一生の話だったり、
歴史の教科書や経済の本にはのらないような、個別のできごとです。
悲惨なことに見えても、人は生きている、
それぞれの人が懸命に生きようとしていた。
それが私に強く響いたのです。

農民の逞しさ、明るさ、力強さは、
宮本常一自身が農民として生きながら、民族学を学んでいたから見えたのだと思います。
日本の食を担当してるという自負があったのだと思いました。

うちの畑は小さくて、
とても農とは呼べませんが、
地に育つものを食べる時、宇宙の巡りを感じます。
今朝、お浸しを食べる時も、大きな命の循環の中にいることを考えました。
お浸し2016・12・23
素揚げ牛蒡と割り醤油で食べました。

ブログはこちらへ引っ越しました。

2016/12/15 20:46 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

最近、都合により、ブログの引っ越しをしました。
こちらでお待ちしています。

クリックしてください。
   ↓
新しいブログはこちら

偶然、探してた古着物に会いました。

2016/11/28 20:57 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

夫はいい人ですが、
まるでお母さんのように、私を立派な人にしたいらしく、
沢山,注意されます。
それもあるし、乗り物が好きなのもあって、
毎日、ちょっとでも出て歩きたくなります。
家は心地いいのですけど。

昨日の日中は地域の婦人部の缶拾いと忘年会でした。
役員なので、早く出かけて、会館で準備をして、
集まったゴミを分別しました。
タバコの吸い殻が多いのはほとんどが車からのポイ捨てです。
缶もわざわざ田んぼに放らなくても良いのに、
少し道から降りて拾います。
川遊びに来る人もゴミは持ち帰ってほしいです。
せめて、拾えないような薮に放るのは止めてほしい。

片付けをして帰ったら、気持ちが疲れました。
未だ、お顔と名前が繋がらず、
話の接ぎ穂が見つかりませんでした。


でも、夕方から都内に意拳の講習会に行きました。
こちらも皆さんの名前も知りませんが、
内容に没頭しているので、面白いだけ、できないのが歯がゆいだけです。
大きな動きをしないのに、珍しく今朝は筋肉痛でした。
(快い痛さです)
汗びっしょりになったせいか、昨夜は1回も起きず、朝までぐっすりでした。
会場が都内の遠くになるらしいので、
いつまで通えるか分からないのですが、
行けるだけ行ってみます。
帰ったら、10時半でした。
口うるさい母さんみたいな夫が車で駅に迎えに来てくれました。
ありがたいです。

今日は川越に行ってみました。
古着物を探しに行ったのです。
マルヒロの中の箪笥屋に寄ってみましたが、
高価な和服ばかりで素通りでした。
少し先まで行って、くらカフェを見て帰ろうと行ってみたら、
くらカフェの前でフリーマーケットをしていました。
お〜願えば叶うだ。
いつかちゃんちゃんこを縫うのを習うために、
安い古着が無いかな〜?と思っていました。

ちゃんちゃんこなら、派手な柄でもいいと思い、
2枚4千円で買いました。
銘仙と紬(だと思う)です。
これを、ほどいて、洗って、とすることができたので、
しばらくはうちで楽しめます。

夕飯は
家のアマランサスを炊き込んだ、醤油味のアマランサスエゴマご飯でした。
アマランサスエゴマご飯2016・11・28

それと、北風が強く吹いたので、ヒエ粉のクリームシチュー。
ヒエは冷え取りなのです。ポカポカ、トロ〜リのおいしさです。
ヒエ粉のシチュー2016・11・28

味噌漬けとカブの浅漬け。
漬物2016・11・28

粒ソバソテーのサラダでした。
粒ソバサラダ2016・11・28


夫は食べながらも、これは今度のセミナーに出した方がいいとか言ってました。
それは決まった物を出すことになってると言っても、聞きません。
それは、私の仕事だから、私が決めると言っているのですが、
こうせえ、あーせえと言ってました。
私のことはいいから、自分のしたいことをしてほしいのですけど・・・

プロフィール

ふたば

Author:ふたば
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザー
楊式太極拳第六代伝人
越谷に25年以上住みましたが 縁あって日高市に転居しました
築23年の家は 望み通りベタ基礎は無く 断熱もセルローズファイバー 漆喰と木の壁が呼吸する家です
敷地と前の畑は 風の園芸家の矢野智徳さんが 環境改善した 風と水が流れる空間になっています
なんとも気持ちよい畑でささやかに自然栽培しています。

又 30年来続けてきた 楊式太極拳、刀 剣を 広めてゆくことが 故・劉高明老師への感謝と報恩だと思っています。教室を開く場所を探しています。心当りの方はお知らせください。

雑穀を使ったつぶつぶ料理教室や未来食セミナーを開催しています。

畑も料理も武術も理は同じだと思って向かい合っています 

ほみやへのメールフォーム
教室のお問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事は、すぐに返せない場合もあります。 ご了承ください。
つぶつぶ(雑穀)のことならなんでも ここをクリック
無料動画プレゼント
ここをクリック
未来食セミナーシーン1
つぶつぶ料理教室はこちらへ
つぶつぶマザーのブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム